お問い合わせ

MENU

磐梯町できること

ミッションとして「誰もが自分らしく生きられる共生社会の共創」を掲げる磐梯町では、町民はもちろんのこと、地域外の企業や関係人口とみなさんとの「共創」を進めるべく取り組みを行っています。民間企業と連携した宿泊もできるワーキング施設の整備や地域との共創を支援する認定制度、多様なセクターとの橋渡しをサポートするコーディネーターの設置など、磐梯をはじめとした会津エリアでのチャレンジを支援します。

1

ニーズに応じた使い方ができる
ワーク・滞在拠点

LivingAnywhere Commons会津磐梯 外観

目的に応じた活用ができる
ワーキング施設

町内七ツ森地区にある宿泊もできるワーキング施設「LivingAnywhere Commons会津磐梯」。広々としたコワーキングスペースをはじめ、チームビルティング等の研修ができるMTGルームがある他、BBQや焚き火ができるテラス、大人数でも調理が可能な大型のシェアキッチン、スキー・スノボのメンテナンスや楽器演奏など多目的にご利用可能な地下スタジオ、サッカーなどもできるグラウンドなど、目的に応じてさまざまな使い方ができる施設となっています。また、磐梯町役場のサテライトオフィスにもなっています。

LivingAnywhere Commons会津磐梯 ワーキングスペース

施設の中で最も広いのがこのワーキングスペース。イベントスペースやコミュニティスペースとしても使用いただけます。快適なWi-fi環境はもちろん、電源、ディスプレイモニタ、カフェコーナーなど、仕事やコミュニケーションに必要な設備が揃っています。

LivingAnywhere Commons会津磐梯 グラウンド

拠点の目前に広がる、サッカーコート1面分の大きなグラウンド。運動場としての利用はもちろん、ドローン撮影、アウトドアイベントなど、様々な用途で活用可能です。都心では難しい大胆な活用をしてみませんか?

LivingAnywhere Commons会津磐梯 テラス

広大なグラウンドやテニスコート、プールが眺められる開放的なテラス。晴れた日にはリモートワークや読書、クリエイティブ活動など、思い思いの時間を過ごすことができます。

七ツ森ペンション村

七ツ森ペンション村での滞在

LivingAnywhere Commons会津磐梯は「七ツ森ペンション村」の入り口に位置しています。
ドミトリータイプがメインのLivingAnywhere Commons会津磐梯に対して、個室や地元食材を使用したコース料理など、お食事も楽しみたい場合には七ツ森ペンション村への宿泊などのご紹介が可能です。

磐梯山温泉ホテル

星野リゾート 磐梯山温泉ホテルでの滞在

磐梯町駅より車で15分ほどの場所に、磐梯山温泉ホテルがあります。こちらも合宿拠点としてご利用いただけます。

おすすめ滞在施設

LivingAnywhere Commons会津磐梯

■住所 : 福島県耶麻郡磐梯町大字磐梯字七ツ森7066番地5

七ツ森ペンション村

■住所 : 福島県耶麻郡磐梯町七ッ森内

七ツ森ペンション村

■住所 : 福島県耶麻郡磐梯町七ッ森内

星野リゾート 磐梯山温泉ホテル

■住所 : 福島県耶麻郡磐梯町大字更科字清水平6838-68

2

広域多様なネットワークづくり

磐梯町は「共創協働のまちづくり」を掲げ、愛着人口、地域の活動人口を増やすための人材育成に取り組んでいます。また、さまざまなテーマを軸に様々な活動を行っているプレイヤーがたくさんいます。約3400人ほどの小さな町なので、「広域」での共創にも力を入れています。町長が官民一体となって会津の価値を世界へ発信する「會津価値創造フォーラム」の副代表を務めていたり、会津の名峰「磐梯山」エリアの周辺自治体との連携、地域・行政のDXを軸に会津地方振興局を中心として周辺の市町村とノウハウを共有するなど、広域連携にも注力しています。

会議をする人々

磐梯町の中心部から車で15分のところには、 日本初のコンピュータ専門大学として開設され、IT分野の人材を輩出する会津大学があり、広域での産官学連携なども可能です。また、磐梯町と連携協定を締結する企業、隣接するサテライトオフィスAiCTへ入居する企業、同じくDXに注力する西会津町と連携する企業等、地域と様々なセクターが連携して地域や社会課題に挑戦するコミュニティがあります。こうした1対1の関係性ではなく、リビングラボのように広域かつ異業種等でプロジェクト創出について検討できます。

会津大学 外観

こうした多様なセクターとの橋渡しをサポートするため、磐梯町は二人のコーディネーターが活動しています。一人は、地域活性化起業人として企業の視点も併せ持った、磐梯町役場の「共創コーディネーター」の星と、LivingAnywhere Commons会津磐梯の「コミュニティマネージャー」の地域おこし協力隊の蛯名です。星が企業のニーズを紐解き、共創につながりそうな地域の人とのつなぎを蛯名が行います。2人が連携してコーディネートをすることで、企業、地域のニーズや課題等を翻訳して、スピーディかつ関わりしろが生まれるような滞在・拠点づくりを支援します。

蛯名 有里

蛯名 有里

福島県郡山市出身。フリーランストレーナー/LivingAnywhere Commons会津磐梯コミュニティマネージャー。登山やトレイルランニングなど山岳スポーツの選手指導や、障害者/障害児の運動指導など様々なフィールドで活動。都心での生活に疑問を感じ2020年福島にUターン。LivingAnywhere Commonsでは磐梯の自然環境をいかした合宿コーディネートや地域コミュニティづくりを通じ、環境や社会との関わりから、身体を見直す取り組みを行っている。2021年には遊びを通じたこどもの発達支援コミュニティ「こども帝国」を立ち上げ、創造力豊かな人材育成にもチャレンジ中。

星 久美子

星 久美子

NPOでの移住コーディネーター、東日本大震災以降は(一社)RCFに入社し、復興庁や日本財団と連携した被災地域への企業人材のマッチング等の事業を担当。企業と地域の共創人材コーディネーターを経て、新卒で入った(株)LIFULLに出戻り入社。地方創生事業部の立ち上げから参画し、現在は場所の制約に縛られないライフスタイルの実現と地域の関係人口を生み出す定額多拠点サービス「LivingAnywhere Commons」の中で地域活性/行政連携プロジェクトを担当。2020年秋、福島県磐梯町の地域活性化企業人として、企業と行政、企業と地域の共創プロジェクトの立ち上げなども複業で携わる。

おすすめ広域ネットワーク

会津地域課題解決連携推進会議

人口減少・少子高齢化が他地域より著しく、様々な課題が山積している会津地域の状況を踏まえ、市町村、民間組織、県等が連携を強化して課題解決を図るため、2019年に「会津地域課題解決連携推進会議」を設置(事務局:会津地方振興局)しました。現在、10の課題とそれに対応する11の具体的なプロジェクトを進めております。主な内容として、新型コロナウイルス感染症対策を始め、鳥獣対策、移住・定住促進、観光・物産の振興などに取り組むとともに、各課題の解決を図る基盤として「DXの推進」を位置づけ、広域的・一体的な地域課題の解決を進めています。

会津地域DX推進検討会

会津管内13市町村及び県(会津地方振興局)が連携し、会津地域における広域的なDXの取組を推進するため、2021年に会津地域課題解決連携推進会議内に「会津地域DX推進検討会」を設置しました。会津地域課題解決連携推進会議の重点プロジェクトに位置づけている「会津地方デジタル変革プロジェクト」において、会津地域DXの広域連携指針の策定や広域的な業務の標準化・共通化、ICT関連企業等とのデジタル技術を活用した課題解決事業などに取り組んでいます。

磐梯山エリア人材ネット

磐梯山エリアで活動するプレイヤーを可視化し、より相互のコミュニケーションを促進するためのプラットフォームです。磐梯山を囲む3町村(磐梯町・猪苗代町・北塩原村)の各観光協会の助成をいただき運営を行っています。

會津価値創造フォーラム

2011年の東日本大震災での風評被害や、今後の長期的な人口減少などの課題に対し、官民連携や若い人材の育成に取り組み、会津の価値を分析・創造するために発足した団体。「皆がやりたいことを皆が応援する」フラットな関係の中から、鳥獣対策、DX、教育、観光など幅広い分野での共創が生まれている。地域全体で人材を整えるための「(広域)連携」、地域の伝統を尊重しながら共通化できるノウハウを共有していく「教育」、今あるデジタルツールやデータを活用する「DX」を活動の柱としています。

田んぼクエスト

会津磐梯山の南西山麓に広がる「猪苗代湖畔の森」の、豊かな自然環境、生態系を守り、受け継いで未来に渡すために活動する団体です。田んぼのある環境を維持し、多種多様な生物の住処を守る活動を通じてSDGsに取り組むとともに、観光資源の創出や、近隣のこどもたちの成長、教育の場としても運営しています。

こども帝国

こども帝国とは、全てのこどもが、素直に好奇心を探究・創造・表現できる、こども主体の遊び場です。身体を通じた心身の成長の権利を守り、こどもが安心して個性を発揮できる場として、運動指導を専門とする代表2名で運営を行っています。遊びを通じて体力や思考力、創造力を育み、また親御さんを含めた地域コミュニティとして存続していくことも目指しています。

会津地域の事業者・団体の取組み紹介

会津地域で活動されている事業者・団体の取組みについてご紹介いたします。

3

地域との共創プロジェクトの
チャレンジに向けて
提案できる仕組みがある

地域との共創プロジェクト

磐梯町には、磐梯町と一緒に、地域の課題解決や地域の価値創造につながるようなチャレンジの提案を受けつける「ばんだい宝ラボ」という提案制度があります。磐梯町を活用して、磐梯町のみならず、日本の地域の課題解決、価値創造につながるような、ワクワクするような提案を、行政だけでなく、地域住民、外部の有識者とともに審査会を通じて認定する制度です。

4

異日常・人との関わりの中で、
クリエイティブになれる。

現代社会には膨大な情報が溢れています。昼夜を問わず、光や喧騒に満ちた環境では、知らず知らずに脳のリソースを消費してしまうもの。ノイズの処理に追われてしまっては、なかなか創造力は発揮できません。磐梯には、現代人にはもはや贅沢ともいえる「静寂」や「暗闇」、四季折々の「色」や、遮るもののない「空間」があります。自分本来のクリエイティビティを取り戻し、対話の中でより思考を深めましょう。身体の専門家であるLivingAnywhere Commons会津磐梯コミュニティマネージャーが、様々なアレンジをお手伝いします。

アクティビティ例

修験の道

修験の道ハイキング

古来の山岳信仰について解説を聞きながら、磐梯吾妻修験道のはじまりの地である神社や、かつて修験に使われたルートをたどります。

猪苗代湖

日の出SUP

別名「天鏡湖」とも呼ばれる美しい湖猪苗代湖。誰もいない湖の上で、静かな朝日を迎えます。

磐梯の星空

星空観察

特別遠くに出かけなくても、磐梯には広大な星空が広がっています。季節ごとの解説を聞きながら、流れ星を待ちましょう。

ロゲイニングの様子

磐梯山ジオロゲイニング

ロゲイニングとは、屋外をフィールドに行うチーム制の競技。磐梯の自然を感じられ、またチームビルディングや絆づくりに最適なアクティビティです。

焚き火トークの様子

焚き火トーク

火の揺らぎを眺め薪のはぜる音を聞きながら、いつもと違った本質的な対話を行いましょう。